兄弟愛

最近終於看完了KIVA。

真的被那父子情和兄弟愛弄哭了。

能夠有那麼深的父子情和兄弟愛,真的很棒。

因為即使有父母親和兄弟姊妹,也不一定有很深的感情。

這裡貼一下其中一首KIVA的歌,雖然我比較喜歡兄弟一起唱的VER,

但內容是一樣的,所以沒有問題。

Roots of the King
歌:TETRA-FANG
詞:藤林聖子
曲:鳴瀬シュウヘイ


その手に浮かび上がる 紋章が証し 【那手向上漸漸擡起 紋章的證明】
闇の色を集め纏う オーラのように 【黑暗色彩匯聚纏身 和靈氣一起】
Roots of the king

守られるべきものは 種族の掟 【無論如何都該遵循 種族的戒律】
背く罪は瞬間 裁かれて 【一旦犯下背叛瞬間 便接受懲戒】

世界を滅ぼすという 力のため 【足以能夠摧毀這個世界的那一股力量】
現れた純血の 継承者 【如今背負在那純血的繼承者身上】

Judge it, King 紡がれてきた 運命のSaga 【Judge it, King 被緊緊束縛著 命運的Saga】
その腕にゆだねられた 【那條被托付的手腕】
牙を剝いた者は 永遠に奈落を彷徨う 【亮出毒牙的那個人 永遠地在奈落処彷徨】
What's real? 圧倒的な 【What's real? 那壓倒性的強】
支配を今 大空に仕掛けてくる 【現在去支配 那無人擾亂的天空】
揺るぎない存在 Roots of the king 【沒有動蕩的存在 Roots of the king】

その椅子に座るのは 唯(ただ)1人だけ 【只有一人擁有資格 坐上那皇椅】
紛い物は虛しく 消えてゆくだけ 【僞冒的人只是虛無 遲早會淘汰】
Roots of the king

闇の祝福の中 歩み続ける 【在黑暗的祝福之中 一步步繼續】
約束されたステージ 登ってく 【已約定好的事 一次次登上】

世界はまだ気付かずに 回り続け 【毫不留意這個世界還在繼續不停旋轉】
選ばれた純血の 継承者 【就是那個被選中的純血之繼承者】

Judge it, King 受け継がれてた 運命のSaga 【Judge it, King 被強行繼承著 命運的Saga】
この時代黒く染める【這個被染黑的世界】
牙を剝いた者は 永遠の死を知るのだろう 【亮出毒牙的那個人 永遠地銘記自己的死期】
What's real? 始まったのは 【What's real? 不知何時開始】
希望じゃなく 絶望と笑っている 【沒有了希望 在絕望之中淡淡吟笑】
揺るぎない自信は Roots of the king 【沒有動蕩的自信 Roots of the king】

光射せば 密かに 【光芒四處透射 密密麻麻】
影もまた出來るよう 【仿佛一同蕩漾出絲絲殘影】
それは決して消せない Roots of blood 【那便是永遠無法消逝的 Roots of blood】

Judge it, King 紡がれてきた 運命のSaga 【Judge it, King 被緊緊束縛著 命運的Saga 】
その腕にゆだねられた 【那條被托付的手腕】
牙を剝いた者は 永遠に奈落を彷徨う 【亮出毒牙的那個人 永遠地在奈落処彷徨】
What's real? 圧倒的な 【What's real? 那壓倒性的強】
支配を今 大空に仕掛けてくる 【現在去支配 那無人擾亂的天空】
風が巻き起こって その姿あらわす【狂風被席捲而起 那身影便是證明】
Roots of the king


以上.

題目 : 平淡中的深刻 .. 。
部落格分类 : 日記心得

Re:birth

首先在這裡祝願嵐的10-11 Tour一切順利。 ((合十

一上plurk已經看到去了國立場買周邊的朋友把買到的周邊拍了照放上。

怎麼說呢?我個人的心情很複雜呢。

也許是自己想得很深入。

只能為買到他們的周邊而感到高興的我們,

和他們還真是有沒法補足的距離感。

其實我很不想看到整個plurk也在說周邊呢。

今天去找了今天發售的Re:birth。

是Acid Black Cherry的最新single。

個人覺得有買下來的價值。

這是Acid Black Cherry半年以來的single了。

他之前因為喉嚨有事所以暫時引退了。

一聽Re:birth,已經產生了共鳴。

在這裡分享歌詞。

歌曲:Re:birth
PS3用ソフト「Another Century's Episode:R」イメージソング
作詞/作曲/編曲:林保徳
歌手:Acid Black Cherry

靜かな夜は大嫌い 不安が騒いで眠れなくなる
泣いてしまえば楽だけど 泣いてもどうせまたノドが乾く
ホントはね 今でも震えが止まらないんだ
何かが壊れてしまいそう
「大丈夫だよ」とか 簡単に言わないでくれ
僕はそんなに強くはない

閉じ込めた言葉と想いが 胸の中で
理性を振りほどいて また暴れだしたんだ
だからわかってるって! そんな怖い目で睨みつけるなよ
お願い 少しだけ一人にしてて
大好きな事がしたくない 明日が怖くて死にたくなる
逃げてしまえは楽だけど 逃げても悔しさでまた死にたくなる
楽しくもないのに 楽しいフリをしていたんだ
何のため? 誰のために?
次はどうすればいい? また笑えばいいのかな?
わからない 答えが見つからない

ヒビ割れたまま高い場所へ 後もう少しなんだ
なのにアイツがいつも邪魔ばかりしてきて
こんなにも伝えたい事があるのに うまく伝えきれないよ
こんなに近くで叫んでいるのに

もう楽になりたくて でも諦めたくなくて
自分にまた問いかけてみた
「もう無理…歩けない」何度も挫けながら
それでも歩いて來たんだろう?
閉じ込めだ言葉と想いか胸の中で
理性を振りほどいて また暴れだしたんだ
だからわかってるって! そんな怖い目で睨みつけるなよ
お願い 少しだけ一人にしてて
こんなにも伝えたい事があるのに うまく伝えきれないよ
こんなに近くで叫んでいるのに

這首的歌詞也很touch。

今天就寫到這裡//

題目 : 平淡中的深刻 .. 。
部落格分类 : 日記心得

リフレイン。

在album中,リフレイン是繼むかえに行くよ後,我很喜歡的一首歌。

歌詞同樣是很觸動人心。

(沒責任翻譯)


「リフレイン」
作詞∶R.P.P.
作曲∶R.P.P.
歌∶嵐

巡り巡る この街で 巡り會えた この奇跡
循環又循環 在這街上循環遇上 這個奇蹟
今も君は この胸の奧にいるよ
到了現在你也在這胸懷裡的深處喔
降り出した雨に 消えないように
在降下來的雨中 像是不會消失
二人強く手を 握り締めてたのに
二人明明緊緊握著手
抱き締めるたびに 切ない心は
在緊抱著時 悲傷的心
雨に打たれたままで
一直被雨水打著

あの日の僕たちは 素直になれなくて
那一天的我們 沒法坦率
君の橫顔ずっと
你的側面 一直
見つめたまま季節は 過ぎたね
看著的季節已經過去了呢
(目を閉じれば 切なく愛しいよ)
(閉上眼睛的話 愛憐得令人難過喔)
いつかの「愛してる」 言葉に出來なくて
某天的「我愛你」 沒法用言語表達
柔らかな記憶は(輝くよ)
柔和的記憶(閃耀著喔)
こらえた涙 零れ落ちて 風に包まれていた
忍耐著的眼淚零星的掉下 被風包圍著
何もかもが きらめいて
什麼也在閃耀
まるで時間が 止まるよう
就像時間停止了那樣
いつも二人 終わらない夢を見たね
某天的二人 看到不會完結的夢呢
重なる影が 離れないように
重疊的影子 好像不會分離那樣
何も言わずただ 寄り添っていたのに
明明什麼也沒說 靠近在一起
胸を締め付ける 儚い思いは
緊捆在胸懷中 虛幻的思念
言葉に出來ぬままで
一直沒法用言語表達

心にいつまでも 消えない痛みさえ
在心中一直也 沒法消失的悲痛也
君を思い出せば
如果想起你
優しさに包まれる 今でも
被溫柔包圍著 現在也是
(目を閉じれば 切なく愛しいよ)
(閉上眼睛的話 愛憐得令人難過喔)
心はいつまでも どれだけ離れても
心是一直 即使離開多遠也好
柔らかな記憶は(輝くよ)
柔和的記憶(閃耀著喔)

この空の下 出會えたこと 確かに刻まれてる
在這片天空下 遇上了的事 確實的銘刻下來
一人でも 二人でも あの約束は きっと
一個人也好 二個人也好 那個約定 一定
変わらないから 今も 大切なもの(光るよ)
(也)不會改變 現在也 重要的東西(發著光喔)
少しずつ 少しずつ 過ごした日々も
一點點的 一點點的 過去的日子也
鮮やかに 変わってゆく
鮮明地 改變著
そして まだ見ぬ明日を信じてるから
然後 因為再次相信還沒看到的明日

あの日の僕たちは 素直になれなくて
那一天的我們 沒法坦率
君の橫顔ずっと
你的側面 一直
見つめたまま季節は 過ぎたね
看著的季節已經過去了呢
(目を閉じれば 切なく愛しいよ)
(閉上眼睛的話 愛憐得令人難過喔)
いつかの「愛してる」 言葉に出來なくて
某天的「我愛你」 沒法用言語表達
柔らかな記憶は(輝くよ)
柔和的記憶(閃耀著喔)

こらえた涙 零れ落ちて 風に包まれていた
忍耐著的眼淚零星的掉下 被風包圍著
あの日の僕たちは... あの日の僕たちは...
那一天的我們... 那一天的我們...
素直になれなくて... 素直になれなくて...
沒法坦率...沒法坦率...

あの日の僕たちは...
那一天的我們...


聽著這歌,我感受著那淡淡的悲傷和溫柔。

今日就寫到這裡//

題目 : 平淡中的深刻 .. 。
部落格分类 : 日記心得

むかえに行くよ。

第一次聽到むかえに行くよ時,已經被歌詞和旋律吸引著。

對我來說,這又是一首淡淡的支撐到我的歌。

所以翻譯一下中日歌詞吧。(沒責任翻譯)

「むかえに行くよ」
作詞∶マシコタツロウ
作曲:マシコタツロウ
歌∶嵐

寢転がって眺めた 悲しいことがあると
寢著轉身注視著 有著悲傷的事情
蒼い空 鳥が飛んでゆく
藍天裡 鳥飛走了
時間に追われるように あれから季節流れ
好像追趕著時間那樣 從那時開始季節過去
今日もまた時間にとける
今日再次在時間中解放
僕が選んだ毎日なのに
明明是我選擇的每一天
迷ったりヘコんでみたり
迷茫著 失落著
寫真の中の無邪気な僕は
照片中天真的我
果たしてなんて言うんだろう
最後會說為什麼吧
明日の僕をむかえに行く
去迎接明日的我
あの頃に負けないように
為了不輸給那時候的自己
忘れかけた 大事なもの 抱えて
把忘記了的重要的東西懷抱著
答えなど分からなくても
即使不知道答案
それでも続く道ならば 信じるままに歩こう
即使這樣道路還是持續著的話 相信著前進

人混みのなか歩く 疲れる街のノイズ
在人群中走著 疲倦了的街道的聲音
なぜだろう 涙がこぼれた
為什麼呢 淚流滿面
無くしたくないものが いい加減にこぼれる
不想失去的東西 相當地溢出來
今日もまた街にとける
今日再次在街道中解放
失うことに慣れてしまえば
如果習慣了失去東西
追いかけることも忘れる 也忘記了要去追趕
だけど本當は知っているんだ
但其實是知道的
未來は誰にもあるから
因為誰也擁有未來
明日の僕をむかえに行く
去迎接明日的我
あの頃に負けないように
為了不輸給那時候的自己
憧れてた 夢のことを 話すよ
訴說著曾經憧憬的夢想
理屈など分からないから
因為不明白理由
それでも続く道ならば 感じるままに進もう
即使這樣道路還是持續著的話 感受著前進

いつかどこかで思い出すはず
應該某天在某地會想起
ここにいるすべての意味を
把在這裡的全部的意義
カッコつけても涙みせても
裝帥也好 被看到流淚也好
それが本當の僕だから
因為那也是真正的自己

明日の僕をむかえに行く
去迎接明日的我
あの頃に負けないように
為了不輸給那時候的自己
忘れかけた 大事なもの 抱えて
把忘記了的重要的東西懷抱著
答えなど分からなくても
即使不知道答案
それでも続く道ならば 信じるままに歩こう
即使這樣道路還是持續著的話 相信著前進
明日の僕をむかえに行く
去迎接明日的我
あの頃に負けないように
為了不輸給那時候的自己
憧れてた 夢のことを 話すよ
訴說著曾經憧憬的夢想
理屈など分からないから
因為不明白理由
それでも続く道ならば 感じるままに進もう
即使這樣道路還是持續著的話 感受著前進著


真的很喜歡這首歌,今日就寫到這裡//

題目 : 平淡中的深刻 .. 。
部落格分类 : 日記心得

很久沒有的歌詞分享

今天很盡情的讓自己睡個夠。

因為反正明天也不用上班,有足夠的空閒時間。

因為很閒便把房間收拾了一下,現在房間看下去很清爽舒服。

看著減少了壓迫感的電腦桌,心裡又有種滿足感。

聽了一下很久沒聽的歌,好像整個人也變得安靜下來。

這次放一下Liar's smile的歌詞,無責任翻譯 ((笑

Liar's Smile
作詞·作曲:福田考代
歌手:三谷朋世
曲目:Liar's Smile


他人の波押し寄せては <被人潮推擠著>
私をかすめ通り過ぎる <當作我不存在般在旁邊經過>
いつだって此処に居るのに <明明什麼時候 我也在這裡>
なんだかヌケガラ <好像 自己是空殼>

ただ眺めてポツリ佇む <只是眺望著 呆站著>
孤独の破片飲み込んだ <獨自吞下孤獨的碎片>

独りにしないで離さないで <別讓我孤單一人 別離開>
その温もりで包んで <用那溫暖包圍著我>
言葉をかけて名前を呼んで <跟說話 喚我的名字>
あなたの涙 頬に受けたい <想以臉頰感受 你的眼淚>



他人の視線いつも気にして <總是在意著旁人的視線>
不自然な笑顔無理に作る <勉強作出不自然的笑臉>
頑張って傷付かないよう <努力不讓自己受到傷害>
自分に嘘ついて <跟自己說謊>


声を聴かせて私を見て <讓我聽你的聲音 看著我>
その瞳に映して <將我映入你的眼眸中>
あなたに触れたい腕に抱かれたい <想被你觸摸 想被擁在懷中>
あなたの指で涙を拭いて <用你的指尖 替我拭去眼淚>

溶けていく心の闇 <心中的黑暗逐漸溶化>
その手で抱きしめられたら <若能被你的雙手擁抱>
きっと… <就一定…>

心の中で叫んだって <在心中不停地吶喊>
その想いは届かない <這份思念卻沒法傳達到>
ありのままの私でいられるよう <想以自己真實的姿態存在>
あなたと手を繋いでいたい <想與你手牽手>

声を聴かせて私を見て <讓我聽你的聲音 看著我>
その瞳に映して <將我映入你的眼眸中>
あなたに触れたい腕に抱かれたい <想被你觸摸 想被擁在懷中>
あなたの指で涙を拭いて <用你的指尖 替我拭去眼淚>

その手で抱きしめられたら <若能被你的雙手擁抱>
きっと… <就一定…>


這首歌不知為何好觸碰到心裡的不知道哪一個角落。

雖然我暫時沒有一個這樣的對象。

但我想,這首歌表達的心情卻是可以理解的。

害怕寂寞。想被重視。

這首歌的旋律十分溫柔,聽著情緒也會平伏下來呢。

今天就寫到這裡//

題目 : 平淡中的深刻 .. 。
部落格分类 : 日記心得

+人數計數器+
+自我介紹+

ゆちゃん

Author:ゆちゃん
稱呼:ゆちゃん(Yu醬)喔♣
平成五年生まれ。
自分の目標へ進め中。


♠末代預科生♠


♡ココア男。 応援♥
ON/OFF 応援♥
D☆DATE 応援♥
新選組リアン 応援♥
二次元応援♥


J家本命:KinKi Kids

+誕生日倒數+
+----------------------+ +----------------------+ +----------------------+ +----------------------+
+音樂播放+
+Plurk+
+月曆+
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
+最新文章+
+最新留言+
+好友一覽+

ばか執事の私秘室

素晴らしき世界

Po&ARASHIの日記

愛が すべてが欲しい

ふぅ~

發酵的故事

A.M.N.O.S

一小時的距離

Endless Universe~虛幻空間

Mei~愛『嵐』國度~

私だけの世界。

#let's just keep everything simple and neat。

Hullucination-Twinkle

-Beyond The Story-

Everyday.Everything

雨が降った☂

小光的抗戰日記:目

*★當霧遇上空★*

人は人.自分は自分

碎紙機

As For One Day

我的Tomato箱(啥)

- Prussic Acid `
+月份存檔+
+最新引用+
+類別+
加為好友

和此人成爲好友

搜尋欄
RSS連結